忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブックマークに追加する

筋肉をつけると体脂肪は減るのか?

体脂肪を減らすには、やはり運動が必要?

 

そう聞くと、やっぱり運動なのか・・・と思われるでしょうが、

 

運動で筋肉を使うことによって、ノルアドレナリンというホルモンが神経末端から分泌されます。

ノルアドレナリンは、脂肪細胞に働きかけて脂肪を燃焼してくれるんです。

 

運動で筋肉がたくさんついてくると、長時間の運動が可能になり、ノルアドレナリンの分泌量も増えますから、脂肪がどんどん燃焼されるわけなんです。

 

つまり、筋肉をつけることがダイエットでも大切なことになってきます。

 

運動量を増やすことができれば、それだけ多くの脂肪を燃焼させることができるんです。

とはいっても、やはり運動はイヤですよね。時間もないし・・・

 

しかし、痩せやすいカラダをつくるためには、運動は不可欠なのかもしれません。筋肉が強く、大きくなることで代謝量も増え、さらに痩せやすいカラダになるからです。

まずは、日常でできる(なるべく階段を使うなど)簡単なところから始めてみませんか?

PR

ブックマークに追加する TrackBack(0) | 体脂肪

トラックバック

トラックバックURL:

<<足痩せで足の毒素の出し方とは? | HOME | 体脂肪を減らす!体脂肪を落とす!>>
忍者ブログ[PR]